...

お電話でのお問い合わせ
03-6450-1292

売掛金を早期資金化

ファクタリングは、売掛債権の売買契約ですので借入とはならず、
御社の売掛金をすぐに現金化することができます!

借りずに資金調達

緊急の事業運転資金を素早く調達できます。

スピード査定

中小企業経営の過酷さを知っているからこそのスピーディな対応を心がけています。

経営状態は不問

ファクタリングは売掛金を買取ることですから、現状の会社の経営状態を問うことはありません。

未来の売上をいち早く資金化するサービス。

欧米の中小企業にとって資金到達手段としてポピュラーなファクタリング。
これまで資金調達の担保として「不動産」に頼り切っていた日本では、まだまだ認知度が低いのですが、 経済産業省の見解によると「売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である。」とされています。

資金調達でお悩みではありませんか?

売掛金売買契約だから、借入にはなりません!

銀行融資とは異なり、スピード審査によって即日入金可能となっています!

キャッシュフローを改善

売掛金を早期に資金化することにより、キャッシュフローが改善。
キャッシュフローの改善により銀行融資の再開も可能!

保証人・担保不要

融資ではありませんから、保証人や担保は必要ありません。
個人情報や経営状況・営業年数等も一切関係ございません。

借入金ではありません

ファクタリングは、売掛金の売買契約となっています。
融資ではありませんので、借入負債にはなりません。

日本全国、スピーディー対応

お申込みから実行までのスピードは早く、最短1日で申込、契約、実行が可能となっています。

お申込みからご契約までの流れ

ご相談・お申込み

お電話(03-6450-1292)、FAX(03-6450-1293)
お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

弊社担当者が親切・丁寧にご対応いたします。

お問い合わせ

審査

担当者がご案内致します。
FAXまたはメールにて必要書類を送付していただきます。

【審査時必要書類】
  • 会社登記簿謄本
  • 代表者(経理担当者)様の身分証明書のコピー
  • 会社でお使いの通帳(個人名義可)の表紙および直近6ヶ月のお取引のコピー
  • 売掛一覧(請求書、納品書、売掛先住所一覧等)
  • 決算書(貸借対照表・損益計算書・販売費及び一般管理費)直近二期分のコピー
※当座をお持ちの法人様
  • 当座勘定照合表(当月・前月・前々月の3ヶ月)のコピー

ご面談

御社へ訪問または当社にご来店して頂き、スタッフとの面談を行います。
※売掛先様重視の審査で面談後、最短当日には資金化。

ご契約

本審査後に買い取り条件をご提示させて頂きます。
(3社間または、2社間取引のご契約)

〔3社間ファクタリングの場合〕
売掛先企業様との契約も必要になります。

【契約時必要書類】

  • 会社登記簿謄本(2ヶ月以内に取得のもの)×2通
  • 法人印鑑証明書(2ヶ月以内に取得のもの)×2通
  • 代表取締役の住民票(家族全員記載)×1通
  • 代表取締役の個人印鑑証明書×1通
※契約時には法人実印、代表者の個人実印が必要です。

買取実行

ご契約完了後、当社買取り分を即日、
御社のご指定口座(個人口座可)にご送金致します。

サービスについて

クレディート株式会社では、一般企業向けのファクタリングだけでなく
医療機関、調剤薬局、介護施設様向けのファクタリングを行っています

医療機関

病院や診療所である場合に適用されるファクタリング

調剤薬局

調剤薬局である場合に適用されるファクタリング

介護施設

介護施設である場合に適用されるファクタリング

財務指標の改善

総合的な経営判断を行うためには、丁寧な財務分析が必要です。

早期の資金化

診療報酬債権を診療報酬の入金を待たずに資金化することができます。

資金繰りの改善

給与支払いや製薬会社への支払い資金の不足を改善することができます。

お客様の声

建築関連業のお客様

お客様

業績が悪化し赤字決算で、銀行融資も受けられなかったんだけど・・・

解決

売掛金をすぐに資金化できたうえ、銀行融資に関するアドバイスも貰えました!

個人事業主のお客様

お客様

緊急に少額の資金が必要になったんだけど銀行から借りられず・・・

解決

少額だったけど早期対応して頂き、無事に乗り切ることができました!

デイサービス業のお客様

お客様

支払いが翌々月末頃なので苦しかったのですが・・・

解決

ファクタリングで売掛金を早期に資金化できて、経営的に助かっています。

もっと知りたいですか ?

弊社でのファクタリングにおける流れや不明な点があれば、お問い合わせください。

最新ニュース

気になる経済情報やニュースなど・・・

経営判断

資金ベースで確認する

決算書というのは、企業間での取引においては発生主義で記載するのが一般的ですが、小売業などの現金商売を除けは、ほとんどが掛け取引となりますから、実際のお金のやり取りとはタイムラグが生じますので、決算書ベースで経営を行うのは危険です。 企業経営というのは、あくまでも実際のお金の動

仮想通貨

資金調達後4カ月以内に消滅

ボストン大学の研究者2人が実施した調査によれば、新規仮想通貨公開(ICO)で資金調達したプロジェクトの56%が、4カ月以内に廃業しているのだそうです。 この調査は、5月以前にICOを終了した2390件のスタートアッププロジェクトのツイッターアカウントが、それ以後も情報を発信しているか

集めた融資資金を流用

ネット上でお金の貸し借りを仲介するソーシャルレンディングの「maneoマーケット」が金融商品取引法に違反していたとして、証券取引等監視委員会は金融庁に行政処分を行うよう勧告するようですよ。 このmaneoマーケットは借り入れを希望する中小企業などにかわって、投資家から資金を集

海外M&A額は12兆円弱

日本企業の海外企業に対するM&Aが拡大しているようで、2018年1~6月の海外M&A額は12兆円弱にも上り、同期間としては過去最高になったようで、その件数も340件と約1割増加したのだそうです。 まぁ、これは最近のビックニュースとして、武田薬品工業がアイルランドの製薬大手シャイアーの