月別アーカイブ 7月 2019

世界最大の銀行トップ10

雑誌「ザ・バンカー(The Banker)」が発表した「世界最大の銀行ランキング トップ1000によれば、中国の銀行が2019年のランキング上位を独占したのだそうで、中国の銀行以外でトップ10にランクインしたのは、アメリカの銀行が4行、イギリスと日本の銀行がそれぞれ1行ずつだったのだそうです。

ちなみにその日本の銀行は、三菱UFJ銀行で10位となっています。

しかし、中国経済が減速しているとはいえ、やはり強いですね。
なにせ1位から4位までを中国の銀行が独占しているわけですし、5位から8位がアメリカの銀行となっているとはいえ、近いうちに世界のトップに立つであろうことは間違いなさそうですね。

ちなみに1位となったのは、中国工商銀行で、純利益436億ドルに達しているのだそうで、これで7年連続で首位を守っているのだとか。

今や中国はキャッシュレス決済においては最先端を走っていますし、政府が主導して推し進められているわけですから、その浸透はスピーディですよね。

ITにおいても5Gは世界でも一歩リードしていますし、まさにヒト、モノ、カネを体現していますよね。

コネクテッドロボティクスが8.5億円調達

たこ焼きやソフトクリームなどの調理ロボットを開発しているコネクテッドロボティクスが、約8.5億円の資金調達を行ったのだそうです。

割当先 は、グローバル・ブレイン、三井不動産、東京大学協創プラットフォーム開発、ソニー、500 Startups Japanの5社となるようで、今回の資金調達は、新ロボットおよび、新ロボットサービスの開発とマーケティング強化による販路拡大が目的となるのだそうですよ。

国内では、どの業種においても人手不足は深刻となっていて、AIを搭載したロボットへの期待は高まってきてるところなのですが、 ここにきて調理の省力化や自動化がますます発展していきそうな勢いですね。

そもそも、コネクテッドロボティクス社は「調理をロボットで革新する」をテーマに、飲食店のキッチンでの調理に特化したロボットサービスの提供を行う企業で、いまガラス越しに料理人が行っている調理風景が、ロボットに置き換わっていたなんてことも遠い未来ではなさそうですね。

ちなみに、コネクテッドロボティクスは、2014年、産業⽤ロボットコントローラ開発を⻑年手がけ、東京大学で NHKロボコン優勝の経験を持つ沢登哲也氏により設立され、たこ焼きを自動調理するロボット「OctoChef」、自動ソフトクリームロボットサービス「レイタ」を開発・提供している企業です。