日別アーカイブ 2019年9月2日

総額20億円の資金調達

株式会社よりそうが、2019年7月1日から8月31日にかけ、SBIインベストメントなど金融機関系ベンチャーキャピタル計6社を引受先とする第三者割当増資により、総額20億円の資金を調達したのだそうです。

この「よりそう」は不明瞭な料金体系やさまざまな慣習が残る葬儀業界に挑戦するスタートアップで、葬儀サービス「よりそうのお葬式」、僧侶の手配サービス「お坊さん便」などを手がけています。

今回、資金調達を通じ、事業の成長を加速するための人材採用および提供サービスの認知向上、時代のニーズに合った葬儀プランの提案、ライフエンディング・プラットフォーム確立に向けた新規事業開発に取り組み、人々の老後の不安を一元的に解消するサービスの構築を目指すのだそうです。

今回の資金調達の引受先は、 SBIインベストメント、ジャパン・コインベスト、新生企業投資、ナントCVC2号ファンド、山口キャピタル、AGキャピタルの計6社となっています。

なんでも、「よりそう」は2009年3月に設立後、2013年に「よりそうのお葬式」「お坊さん便」のサービスを提供を開始し、高齢化や核家族化による葬儀・供養の価値観の変化等を取り入れたサービス内容が支持され、2018年度末の累積お問い合わせ件数は、2014年度末に比べ「よりそうのお葬式」が約8倍、「お坊さん便」は約13倍に達したのだそうですよ。

まぁ、これまでの葬祭関連については不明瞭なことが多く、気がついたら想像以上にお金が取られているなどの不信感は拭えませんでしたらからね。

だって、お坊さんがベンツなどの高級車なんかに乗っていたりすると、かなり違和感ありますからね。

「よりそう」は近年、終活、葬儀、相続などのすべてが「ライフエンディング」を構成する要素であるという前提のもとビジネス構築を進め、2018年3月には葬儀周辺のサービスをワンストップで提供するブランド「よりそう」を発表し、2019年8月現在、加入することで葬儀・供養の特典が受けられる「よりそうメンバー制度」の会員は数万人規模まで成長しているのだそうです。

これからやってくる高齢化問題もさることながら、核家族化も進んでおり、孤独死などの問題もあり、老後に不安を抱いている人も多く、また都会などでは人の流動も多く、昔ながらの葬儀の在り方では対処できなくなってきていますから、このようなシンプルでわかりやすいサービスは今後も発展していきそうですね。