日別アーカイブ 2019年10月9日

経営計画とは

会社が成長していくためには、経営者がその方向性を示す必要があり、それが経営理念であったり、企業ビジョン、経営目標などと言われ、その目標を達成するために従業員は一生懸命働いたり、努力することになります。

しかし、勘違いしてならないのは「経営理念」を打ち立てただけで満足しないことで、この「経営理念」を達成するため、どのような行動を起こし、実行していくのかをしっかりと考えなければなりません。

つまり「経営理念」とともに「経営戦略」を考え、それを実行するために「経営計画」までは必要というわけです。

こうすることによって、社内すべての人間が、どのような行動を起こせばいいのかを理解し、それを実現するための行動を起こしやすくなるというわけです。

経営計画

経営計画は、一般的には、長期・中期・短期の計画に分けることができ、長期は5年~10年、中期は3年~5年、短期は半年~1年くらいで作られ、その内容によって、ビジョン・戦略・業務計画などに分類されます。

そしてこれらの経営計画を社員全員が把握することによって各部門、調整しながら、確実に実行していこうというわけで、ないがしろにしていては、会社の成長を見込むことができないのです。

経営計画の立案は、まず自分の会社を分析、現在会社の置かれている立ち位置を確認することから始まります。

会社の分析は、これまでの過程を振り返り、会社の強みと弱みを把握し、今後の課題点を見つけ出していきます。

そして会社内部だけの分析だけに留まらず、実際の経営において会社を取り巻く外部環境を分析します。

現代社会では、経営環境が著しく変化しており、会社の成長を考えていくのであれば、環境の変化に素早く対応することが不可欠ですし、時代の流れを読み解くことも大切です。

人生には、夢や希望、目標が大切なのと同じで、会社にも人の「 夢や希望、目標」にあたる、企業ビジョンが必要なのです。

企業ビジョンとは、会社の進むべき方向性を明確にすることから、経営計画の頂点に位置し、 企業文化を生み出す原動力ともなります。