日別アーカイブ 2019年11月11日

名目GDPと実質GDP

一般的にある国の経済規模を示すのに、GDPが使われるのですが、これは米ドルに換算した値となっており、各国の物価状況は考慮されておらず 「名目GDP」 と言われています。

この「名目GDP」から物価の変動による影響を差し引いたもの を「実質GDP 」というのですが、かつて日本の 「名目GDP」 はアメリカに次いで世界2位だったのですが、いつの間には中国に抜かれ、現在では 「名目GDP」「実質GDP 」 ともに世界第3位となっています。

中国に抜かれたとしてもまだまだ3位。

これでもまだまだ安心だと思っていてはいけません。

というのも「名目GDP」「実質GDP 」 ともに、人口の多い国のほうが大きな値として示されるので、その国に住んでいる人々、一人ひとりの豊かさの度合いを示すにはデータが足りません。

そこで本当の豊かさを示す数値として「一人当たりの実質GDP」という数値があって、この数値によってその国に住む人々の生活の豊かさを正しく示すことができるようになっています。

さきほど「名目GDP」「実質GDP 」 では日本は世界第3位でしたけど、 「一人当たりの実質GDP」 においては一体どの位置にランキングされているでしょう?

実は、日本の「一人当たりの実質GDP」、世界26位にまで落ち込むんです。
ニュースでは景気が良くなったなどと言われているにも関わらず、現実世界ではいっこうに景気の良さを感じない理由がこれでわかるでしょう。

ちなみに「一人当たりの実質GDP」で第1位となっているのは、ルクセンブルグで、それ以降2位スイス、3位マカオ、4位ノルウェーとなっていて、先のGDPで1位だったアメリカは9位、2位の中国にいたっては70位にまで落ち込むのです。

こうやって考えると、数字の意味をしっかりと読み解いていかなければ、正しい状況が判断できませんので、しっかりとした知識だけは持っておきたいものですね。