日別アーカイブ 2020年1月6日

ソーシャルレンディングが急拡大

インターネットを介して個人の資金を集め、必要とする企業に融資するソーシャルレンディングの市場が急拡大しているのだそうですね。

このソーシャルレンディングというのは、お金を借りたい会社とお金を運用して増やしたい人をマッチングするサービスで、ソーシャルレンディング事業を運営する会社が、インターネットを活用し、ウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集め、その資金を企業に融資するというもの 。

なぜ人気となっているのかというと、創業年数や取引の実績が浅く、銀行からの融資が十分に受けられない企業であったり、新規事業などで銀行からリスクが高い融資案件とみなされ、なかなか融資してもらえなかったり、はたまた銀行からの融資はすでに受けていて、さらに追加で資金が欲しいなどの理由から利用されることが多いのですが、 投資家から見ても、高い利回りに対し貸し倒れの件数が少なく、効率的な資産運用手段の一つとして一気に知名度を上げ、最近ではメディアでも取り上げられることが多くなりましたよね。

もともとは、2008年のリーマン・ショック後、アメリカを中心に銀行の融資を受けられないIT系スタートアップ企業などが資金調達手段のひとつとして利用し始めたものが広がり、金融とITを融合させたフィンテック事業の一つとして、日本でもここ数年で大幅に増えてきています。

まぁ、この現状は、経営スピードも影響しているのでしょうね。

投資家からすれば借手のローン返済のリスクを負うかわりに預貯金より高い期待投資利回りを享受できますし、借手側からみればインターネット上で迅速に、かつ場合によってはより低い金利で融資を受けられるわけですから、今後もっと成長していくは当然といえば、当然の成り行きなのかもしれませんね。。