日別アーカイブ 2020年7月2日

新型コロナ関連の経営破たんが300件を突破

東京商工リサーチによれば、新型コロナウイルス感染症の影響による経営破たん企業が全国で304件となったようで、2月25日に1件目が発生してから4カ月ちょっとで300件を超え、4月27日に100件目、6月3日に200件目と、そのペースは上がっているのだそうです。

都道府県別では、和歌山、鳥取、高知の3県を除く44都道府県でコロナ倒産は発生しており、最も多いのが東京都で73件、次いで大阪府の27件、北海道の20件となるのだそうです。

業種別で最多は緊急事態宣言の発令で来店客の減少、休業要請などが影響した飲食業が49件となり、次いでインバウンド需要消失や旅行・出張の自粛が影響した宿泊業で39件。

また、百貨店や小売店の休業が影響したアパレル関連(製造、販売)が36件と、個人消費関連の業種が目立っているようで、現在の日本の状況をみているとこの傾向はまだまだ続きそうですね。

しかし、こんな中、国家公務員のボーナスがアップするのですから、この国の政治家たちは呑気ですね。

こんなに倒産や一般国民が苦しんでいる中、よくそんなことができますよね。

今年はともかく、来年のボーナスまでアップとなると、いよいよ日本という国を動かしている人々は終わってますよね。

一般企業では考えられないような支払いには驚いてしまいますよね。