カテゴリーアーカイブ 経営指南

キャッシュフロー計算書の特徴

キャッシュフロー計算書の特徴といえば、事業で動いたお金と借金で動いたお金をそれぞれ分けて考えることができること。

いやだったら、資金繰り表でも確認できるでしょ?なんて思われた方もいらっしゃるでしょうが、 資金繰り表であれば会社における一定期間の現金収入と現金支出の全てを分類したり集計したりするものですので、会社経営を長期的に俯瞰してみることができないということになりがち。

まずは事業と借金を切り離し、借金をいかに返済していくかを検討することが大切です。

というのも、経費削減に走り、実際の売上を減らしてしまうという企業は少なくありませんし、経営において、売上や利益に関する投資を止めてしまっては衰退していってしまうだけです。

どんな状況であっても、会社を経営していくのであれば、この部分をおろそかにしてはいけません。

黒字が続いているにも関わらず、手元にはお金がない・・・。

これは黒字倒産してしまう会社が陥りがちな状況なのですが、利益とキャッシュが一致することはなまずありません。

貸借対照表を見ることができても、これとキャッシュとの関連付けがうまくできていない・・・。

この2つを紐づけて考えるのはなかなか難しく、ここで難解な状況を読み解くよりも、キャッシュフロー計算書を活用することにより、利益とキャッシュの違いを把握することができます。

キャッシュフローは大切

会社を経営していると、売上も利益も順調に増えているにも関わらず、なぜか毎月の支払いギリギリで苦しい・・・。

そう嘆かれている経営者さんは少なくありません。

もっと売り上げを上げようと、設備投資や人材確保したいけれど、資金がなく、成長基盤の乗せたくても今の事業を継続するだけで手いっぱい。

この流れが進んでしまうと、いわゆる「黒字倒産」ということにもなりかねません。売り上げはあがっているのに倒産するなんて、誰も考えることなんてありませんよね。

しかし、会社を経営していくためには、売り上げばかりに目を向けていては危険です。
しっかりと資金の流れだけは把握しておくべきなのです。

この資金の流れのことをキャッシュフローというのですが、 一般的にみなさんが1番気にしてしまうのが、売上と、それによってどれだけ利益が出ているのかであって、なかなかお金の流れを把握して異なことが多いんですよね。

そもそも売り上げがあがっていたとしても、それを回収しなければ意味がありません。

つまり売り上げを回収してはじめてお金となりますから、 損益計算の数字と実際、手元にあるお金の差は大きく、 もっと「今あるお金」に注目すべきなのです。

そもそも会社というのは資金がなければ、存続すら難しくなります。
ですので、もっと資金に注目しつつ、経営を進めていかなければなりません。

利益計画の重要性

中小企業においても利益計画策定の必要性が高まってきています。

というのも、役員への給料、つまり役員報酬は理由もなく途中から変えることができませんし、変更においては不利になることばかりです。

ですので、期首に役員給与を決定し、利益計画を中心に考えることが大切です。

しかし、多くの経営者の中には、どのようにして利益計画を作成すればいいのか、わからないという人も多いでしょう。

そこで簡単な方法なのですが、まずは経営者が来年度の構想を思い描くことが大切です。

例えば、社員を一人採用するのに、その年収と採用広告費にいくらかかるとか、新製品の開発にいくらかかって、広告費をどれくらいかけるかなどをざっくりと紙でもいいですし、PCでもいいのでまとめてみるのです。

そこで来期の1年の事象を眺めることができ、そこから利益計画を策定していくのですが、中小企業においては、以下の数字を目標としてみてください。

(長期借入金の年間返済額-減価償却費)x 2 = 経常利益(最低目標)

借入金から減価償却費を引くのがなぜだか不思議になるかもしれませんが、これは減価償却費が実際にお金の出ていかない費用であるからであり、さらに差し引いた金額を2倍としているのは、税金を考慮しています。

中小企業などで、どうしても軽視しがちなのが税金で、実はこの税金を甘く見ていると大変なことになります。

乱暴な考え方ですが、100%の利益のうち、その半分は税金で持っていかれるというように考えておいたほうがいいでしょう。

7つの帳簿

会社経営において一番重要なのは、現在の会社の状況、つまりいくら儲かっているのか、資産や負債はどれくらいあるのかを常に把握しておくことです。

どんなに売上が上がっていたとしても、仕入れや経費にお金がかかっていては経営を圧迫してしまいますし、帳簿上は儲かっているとしても、資金面において余裕がなく、税金を支払うことができないなんてことは珍しくありません。

また、お金を借りるにしても銀行などに財政状況などを開示しなければなりませんし、経理会計、つまり7つの帳簿をしっかりしておく必要があります。

現金出納帳
文字通り、現金の流れをまとめるもので現金における入金や残金を記入するもの

普通預金出納帳
普通預金による取引の流れを記入するもので大抵の場合は、銀行の普通預金通帳で代替することができます。一般的には銀行での通帳記入で済むこともあります。

売掛帳
掛けによる売上と入金した金額を記入するもので、掛売によって生じた売掛金を正確に管理することができ、過大請求や入金漏れを防ぐことができます。

買掛帳
買掛による仕入金額と支払った金額を記入するもので、こちらも買掛による過大請求や支払漏れを防ぐことができます。

賃金台帳
従業員の給料を計算する帳簿で、人件費を管理することができます。

固定資産台帳
資産ごとに減価償却の計算をする帳簿で、消耗品として処理できないものや、耐用年数1年以上の資産を購入した場合に記載します。

総勘定元帳
発生したすべての取引を勘定科目ごとに集計したもので、主要簿とも呼ばれていて、これまでに紹介した帳簿をまとめた目次的なものといってもいいでしょう。