カテゴリーアーカイブ ニュース

ファクタリングの調査について

ここのところ、ようやくファクタリングの認知度が少しずつ上がってきているような気もするのですが、実際、ファクタリングを利用したことのある人を対象にした調査によると、ファクタリング利用経験は、まだまだ7.8%程度なのだそうです。

以前に比べると、会社経営者様たちのファクタリングに対する認知度は上がってきているように感じるのですが、やはりまだまだ未知なる部分が多いようで、実際にファクタリングサービスを利用するまでには至っていないのでしょうかね?

また、利用されたファクタリングサービスで1番多いのが「2社間ファクタリング」となっているようで、全体の53.3%にまで及ぶようで、これについては契約が簡潔なこと、資金調達がスピーディであることが考えられますよね。

というのも、ファクタリングを利用される理由の第一位が「運転資金不足」によるものが多く、さらには「一時的に支出が増えた」ということが二位となっているようですから、早急な資金繰りが必要とされるときにこそのサービスとも言えますね。

買取ファクタリング

買取型のファクタリングは、売掛金を早期に現金化したい場合に利用されることがおおく、一般的な流れとしては、売掛債務をファクタリング会社に売却、手数料を差し引かれた金額を受け取ることになります。
これまでの取引で考えれば「手形割引 」と同じようなもので、 手形の買い取りに際し、手数料や利息を支払うことになりますので、 「手形割引 」 の場合も実際に支払われる金額は手数料等が割り引かれた額になります 。

買取型ファクタリングのメリットは、なんといっても売掛先の信用力が審査対象となっているので、中小企業でも審査に通りやすいということ。

クレディートのファクタリングサービスは2社間ファクタリングにも対応しております。

ファクタリングサービスに不安を持たれている、どのようなサービスなのか詳しく知りたい、などどのようなことでも構いませんので、まずはクレディートにご連絡ください。

クレディートのファクタリング
クレディートのファクタリング

資金繰りの問題を一緒に解決いたします!。

スマートニュースが31億円の資金調達

スマートニュースが、アメリカ市場での急成長のさらなる加速のため、日本郵政キャピタルをリード投資家として総額31億円の資金調達を行ったのだそうです。

今回はシリーズEラウンドとなるようで、累計調達額は122億円となり、 スマートニュース株式会社によれば、アメリカでのユーザー数は前年比5倍以上と拡大しているのだそうで、これにより日米合算で2000万人の月間アクティブユーザーが利用しているのだそうですよ。
ちなみに私も毎日利用しています。

また、今回グローバルな開発体制を推進するため、久夛良木健氏を社外取締役として招聘し、Facebook News Feedのインフラ責任者を務めたYoulin Liが、Vice President of Engineering, Backend System and Foundationとして5月から参画して参画しているのだそうで、 東京、サンフランシスコ、ニューヨークの既存3拠点に加え、シリコンバレーの中心地でスタンフォード大学の門前町でもあるパロアルト、アジア技術開発センターとして福岡、上海と、新たに3つの技術開発拠点を開設しているのだそうで、エンジニアおよびプロダクトマネージャ、データサイエンティスト等の採用を強化しているのだそうです。

まさにスマートニュースの勢いは凄まじく、アメリカのトラフィック解析サービスであるParse.lyが2019年1月に発表した「2018年12月時点での英語圏におけるメディアへの送客元」として、スマートニュースは10位にランクインしたのだそうで、アメリカyahooを抜いたのだそうです。

とはいえ、ランキングを見てみると、1位はGoogleで31.2%、2位がFacebookで14.4%となっており、 10位とはいえ、スマートニュースの占有率は0.5%程度のようで、 今後の発展のための資金調達が成功してくれるといいですね。

ちなみに、社外取締役となった久夛良木健氏は、1993年に株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント設立し、「プレイステーション」「プレイステーション2」、PSP®「プレイステーション・ポータブル」「プレイステーション3」などを生んだ方で、 Ascent Robotics社、GA technologies社などの社外取締役をも兼任されています。

総額61.5億円の大型資金調達

クラウド人事サービスのSmartHRが、シリーズCラウンドとして61.5億円の資金調達を実施したのだそうで、その資金調達の内訳は、国内外の新規投資家と既存株主を引受先とした第三者割当増資が約55億円(追加投資含む)、新株予約権付き社債が約6.5億円の合わせて61.5億円になるのだそうです。

スタートアップ企業やベンチャー企業の資金調達においては「シード」「シリーズA」「シリーズB」「シリーズC」という言葉をよく聞かれるかもしれませんが、 まず知っておきたいのが「投資ラウンド」というものがあり、これは簡単にいえば「企業に対して投資する段階」 のことを指しており、 設立当初のスタートアップ企業が調達できる資金は小さく、逆に成熟している企業であれば、その額も大きなものとなります。

つまり、投資や資金調達においては、その企業の段階によって、資金を調達できる額というものがあり、一般的には、以下のように評されています。

  • シード・・・・起業前の企業で調達できる額は数百万程度
  • シリーズA・・事業が動き始めて認知度があがり顧客が増え始める数千万程度
  • シリーズB・・経営が軌道にのり収益が伸びてきている状態数億
  • シリーズC・・スタートアップとして成長の最終段階で黒字経営、IPOやM&Aを意識できる状態、数億~数十億

つまりは、SmartHR自体、順調に成長し黒字化できている状態なのであろうと予測できる金額を調達できたということですね。

また、この資金調達に合わせて、サービス面では、2019年秋には、従業員情報を分析できる「ラクラク人事レポート機能」を公開予定であるのだそうですから、これからまだまだ成長を見込めるのではないでしょうかね?

世界最大の銀行トップ10

雑誌「ザ・バンカー(The Banker)」が発表した「世界最大の銀行ランキング トップ1000によれば、中国の銀行が2019年のランキング上位を独占したのだそうで、中国の銀行以外でトップ10にランクインしたのは、アメリカの銀行が4行、イギリスと日本の銀行がそれぞれ1行ずつだったのだそうです。

ちなみにその日本の銀行は、三菱UFJ銀行で10位となっています。

しかし、中国経済が減速しているとはいえ、やはり強いですね。
なにせ1位から4位までを中国の銀行が独占しているわけですし、5位から8位がアメリカの銀行となっているとはいえ、近いうちに世界のトップに立つであろうことは間違いなさそうですね。

ちなみに1位となったのは、中国工商銀行で、純利益436億ドルに達しているのだそうで、これで7年連続で首位を守っているのだとか。

今や中国はキャッシュレス決済においては最先端を走っていますし、政府が主導して推し進められているわけですから、その浸透はスピーディですよね。

ITにおいても5Gは世界でも一歩リードしていますし、まさにヒト、モノ、カネを体現していますよね。