カテゴリーアーカイブ ニュース

日銀の総資産

なんと日本銀行の総資産が、国内総生産(GDP)を上回ったのだそうですよ。

13日に公表された10日時点の総資産は553兆5922億円で、名目GDPの552兆8207億円(4~6月期、年換算)を超えたようで、日銀の総資産が同じ年のGDPを超えるのは戦後初めてなのだそうです。

この総資産のうち、国債が約469兆円、上場投資信託が約22兆円を占めていて、黒田総裁の下で異次元緩和を始める直前の2012年度末の総資産は約164兆円ということですから、この5年余りで約3・4倍まで膨れあがったことになります。

いまも日銀は「物価上昇率2%」の目標に向け国債などの買い入れを続けており、今後も資産はさらに増える見込みのようですが、保有資産の規模があまりに大きいと、緩和を終える「出口」で日銀の財務が悪化する懸念があるのだとか。

また、内閣府が本日14日に発表した2018年7~9月期の国内総生産速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.3%減となり、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1.2%減となり、2四半期ぶりにマイナス成長に転じたようですし、さらに日銀の総資産との開きが大きくなっていくかもしれませんね。

名目GDPとは

そもそもGDPとは、「Gross Domestic Product」の略語で、国内総生産と呼ばれ、一定期間に国内に産み出された付加価値の合計のことで、GDPの伸び率が「経済成長率」を示していて、GDPが拡大すれば経済成長率はプラスとなり、GDPが縮小すれば経済成長率はマイナスとなる。

GDPには「名目GDP」と「実質GDP」の2つがあり、名目GDPというのは、その生産数量に市場価格をかけて生産されたものの価値を算出し、すべて合計します。

実質GDPは、「名目GDP」から物価の変動による影響を取り除いたもの。

 

日中、通貨協定再開。

日本銀行と中国の中央銀行にあたる中国人民銀行が、円と人民元を互いに融通し合う「通貨交換協定」を再開することで合意したようです。

この日中通貨スワップは、平成25年の失効後、5年ぶりの再開となるようで、上限額は旧協定の10倍にあたる約3兆円規模となるのだそうです。

そもそも通貨スワップ協定というのは、各国の中央銀行が互いに協定を結び、自国の通貨危機の際、自国通貨の預入や債券の担保等と引き換えに一定のレートで協定相手国の通貨を融通しあうことを定める協定のことで、今回、両政府は両国の投資家の投資機会拡大や金融市場活性化のため証券市場分野の協力を強化するための覚書にも署名したようで、上場投資信託(ETF)を互いの証券取引所で上場させることなどを目指すようです。

 

 

 

トヨタとマツダ金融提携

トヨタ自動車とマツダが、自動車ローンを手がける国内の販売金融事業の統合を検討しているのだとか。

どうやらトヨタファイナンスがマツダ系のSMMオートファイナンスの株式を取得する方向で本格交渉に入るようで、国内の新車市場が縮小する中、トヨタとマツダの提携関係を金融に広げ経営を効率化するようです。

まぁ、トヨタとマツダは2017年8月に資本提携を発表しており、EV開発関連の新会社を立ち上げたほか、2021年にはアラバマ州に合弁工場の建設を計画するなど交流は活発化しているとはいえ、よほど自動車産業は厳しい状況下にあるのでしょうね。

なんでも2017年の国内新車販売台数は約523万台で、ピークだった1990年の約777万台と比べると3分の2まで落ち込んでいるようですし、カーシェアリングの利用者はついに100万人を超えたといいますから、そりゃ現状厳しいですよね。

自動車産業は「CASE」と呼ばれる次世代技術の登場などによって、100年に1度の変革期といわれていますし、世界に遅れを取らないようにして欲しいところですね。

 

7歳で設立した銀行

ペルーに住んでいる13歳少年であるJose Adolfo Quisocala Condori君が、2012年に設立した子供向け銀行Bartselana Student Bankが、預金者2,000人を超え、さらには提携を求める一流銀行からのアプローチを受けるほどに成長しているのだそうです。

海外においては若い起業家は珍しくもないのですが、Jose君が銀行を設立した年齢が7歳となると、これはもう驚くしかないですよね。

そもそも。この銀行設立のアイデアを思いついたのは5、6歳の頃だったのだそうで、同年代の友達がお菓子やおもちゃに小遣いを浪費しているのを見て、大人と同じように銀行に貯金すればいいのにと思ったそうです。

この辺が起業家と浪費家の違いなのでしょうかね?

しかも、次に考えたのが、子供が自分たちの力で貯金を増やしていく方法で、集めたリサイクルごみを回収業者に売って、そのお金を口座に積み立てていくというシステムを考えたのだそうです。

そしてこの話を、学校の先生たちに話した時、最初誰も真面目に聞いてくれなかったようで、さらにはクラスメートたちから馬鹿され、からかいのネタになったのだそうです。

しかし、そんな中でも、校長先生と、ラスのアシスタントの先生だけは理解を示してくれ、彼をサポートしてくれたのだそうです。

自分の力だけではどうしようもないことは多いのですが、周りにいる人に恵まれることもひとつの才能なのかもしれませんね。

ちなみに、この銀行のシステムは子供だけが預金者になれるようになっているのだそうで、さらに預金者は現金でなく、紙やプラスチックなどのリサイクルごみを銀行に持ち込み、銀行がそのごみを提携している地元リサイクル業者に売って、その代金を預金者の口座に振り込むのだそうです。

そして、預金者は、自分で設定した目標金額に達するまで口座からお金を引き出せないのだそうで、これいろいろな部分で社会貢献が高いですし、誰も損しないというところが凄いですよね。

ちなみに、2012年から2013年の1年間で1トンのリサイクルごみが「預金」されたのだそうで、これを聞きつけたペルーの大手銀行が全国展開の話を持ちかけて来たのだそうですが、なんと理由があってJose君は、これを断ったのだそうです!!!

いやいや、もはや子供だと侮ってはいけませんね。

しかも銀行の重役たちとビジネスの話をするときに、怖いと思うこともないようで、逆に大人のほうが、提案するプロジェクトをよく分かってくれるから、話すときにはリラックスできるようですよ。