カテゴリーアーカイブ ニュース

資金供給量500兆円超え

日銀によれば、市中に出回る現金と金融機関が日銀に預ける当座預金を合計した
資金供給量の2018年末残高が前年末比5.0%増の504兆2166億円だったのだそうです。

マネー

これは12年連続で過去最高を更新したのだそうで、大規模な金融緩和政策が背景にあり、年末残高として初めて500兆円を超えたようですよ。

内訳は、日銀当座預金が5.6%増の389兆91億円、銀行券(紙幣)が3.4%増の110兆3625億円となったようで、銀行券は現金需要の増加を受け過去最高となったのだとか。 

この資金供給量、 マネタリーベースとも呼ばれ 、このマネタリーベースの増加によって出回るお金が増えるために景気が良くなるのではなんて思いがちですが、これは大きな間違いで、 現在の日本では、デフレ下にあるということから、多少供給を増やしたところで、大きな影響は見られないでしょう。

資金調達が負債にシフト

どうやら、 企業の資金調達手段が、株式から負債にシフトしているのだそうですよ。

2018年の公募増資などエクイティファイナンス実施額は直近ピークの14年から半減している中で、社債発行額は1978年以降初めて3年連続で10兆円を超える見通しなのだそうで、低金利の長期化で株式より調達コストの安い負債に需要が集まっているのだそうです。

そもそも企業が外部から資金調達する手段は大きく分けて2つあって、一つは公募増資など株式を発行して資本を大きくする方法、もう一つは社債発行や銀行借り入れなど負債を増やす方法となっています。

今回、負債による資金調達が活発となっているのは、満期までが10年を超える超長期債の発行が相次いていて、投資適格の中で格付けが最も低いトリプルB格の社債発行額も1兆200億円と、金融危機前の07年以来の多さなのだそうです。

また銀行借り入れも増えていて、日銀によれば国内銀行の貸出残高は17年度末時点で490兆円強と14年度末に比べて40兆円弱も増えたようで、この流れは、
低金利が長期化しているためだと予想されます。

市場関係者の間では国内金利は今後も低水準で推移するとの見方が多く、2019年も企業の資金調達は「負債優位」の状況が続く可能性があるとのこと。

初値1463円売り出し価格下回る

ついにソフトバンクが、東京証券取引所1部に株式を上場しましたね。

今回の上場は、資金の調達額は過去最高となるということで、久しぶりの大型案件として期待されていたのですが、ここ最近の通信業界の流れからか、初値は、売り出し価格を下回り、1,463円で初値をつけ、その後も値を下げ、一時は150円以上下げる場面もみられたのだそうですよ。

まぁ、これは時期が悪かったですよね。

というのも、12月6日には大規模な通信障害があったばかりですし、さらには5Gにおいてファーウェイ排除の動きもありますから、上向きの情報が一切ありませんからね。

また、日本において通信料金の値下げ問題もからんできますしね。

どうやら終値は1282円と15%も下回ってしまったようですね。

ソフトバンクの株

職人さんドットコムが1.45億円を資金調達

建設職人向けの情報サイト「職人さんドットコム」を運営する職人さんドットコムが12月3日、大和企業投資、サムライインキュベート、三菱UFJキャピタル、みなとキャピタルを引受先として、総額1.45億円の第三者割当増資を実施したのだそうです。

このサイトは、創業者で代表取締役の猪澤幸男氏が職人として働いていた時代に建設現場で感じた「情報不足」「情報化の遅れ」を解消し「職人が働きやすい現場を実現したい」という思いから情報流通の場として運営されてきており、2018年5月にサイトをリニューアル。

現在は求人情報やプロ向け資材・工具のショップ検索、工具・資材のメーカー検索などのサービス、職人向けに無料で提供されています。

建設業界は今後も慢性的な人手不足が予想されている業界ですし、このようなサービスを知り、少しでも人材が確保できるようになるといいですね。

資金のお悩みを一発解決!

  • 新規事業で資金が必要になった。
  • 売上が急激に増減し、資金繰りが苦しくなってきた。
  • 資金ショートで税金が滞納しそう・・・。
  • 取引先との入金サイクルが合わない・・・。
  • 利用しているファクタリング手数料が高い。

クレディートのファクタリングなら、
あなたの悩みを解決できます!

電話で相談する

03-6450-1292

メールで相談する

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!