ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業の売掛金をファクタリング会社が買い取ることによって早期に資金化することのできる方法で、国も認める正当な資金調達方法なんです。

分かりやすく説明すると、企業が保有している売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 売掛先企業の支払サイトの期日前に、資金をお支払いする仕組みです。

契約する

ファクタリングによって決済期日前に売上を現金化することができますので、企業の資金繰りの改善に役立ちます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは売掛債権売買契約ですので、一切借入れになりません。

1 売掛金の早期現金化でキャッシュフローの改善

スピーディーに効率のいい資金調達が可能になりますので、資金不足による業務の停滞などが改善されます。

この際、通常の銀行借入のように担保を請求されることもありません。
すなわち、通常であれば債権の回収期日まで資金化できない売掛金や受取手形を期日前に資金化できます。

2 借入ではない資金調達

ファクタリングは売掛債権の売買となりますので、借入の記録が残らず融資などに影響しません。
貸借対照表上の負債にはなりませんので安心してご利用いただけます。
また、売掛債権さえお持ちであれば融資をお断りされていたり、会社を設立したばかりでもご利用いただけます。

3 返還請求権なし(ノンリコース)でご利用いただけます

万が一、売掛先が倒産した場合、お客様に支払いをする義務がなくなります。
売掛金の回収が不能になった場合、当社が回収リスクを負担致しますので支払義務が発生しません。
安定的な企業経営に欠かせないリスクマネジメントと、資金調達を同時に行う事が出来るのが、ファクタリングです。

4 担保・保証人がいらない

借り入れの場合、担保や保証人を用意する必要がありますが、ファクタリングは資金の元となるのはお客様の保有している売掛金ですから、担保や保証人は必要ありません。
また、必要な資金は、売掛金の金額が大きければ大きいほど多くの現金調達が可能となっています。

ファクタリングの流れ

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引によるファクタリングがあります。

■ 2社間取引の場合

契約、取引はお客様と弊社の間だけのお取り引きとなります。

二者間ファクタリング

請求済みの売掛債権で、取引先に知られることのないファクタリングですので、取引からの信用も失われることなく、安心して早期に資金を調達することができます。

2社間ファクタリングの流れ

STEP1

売掛金が発生

お客様と売掛先の間で売掛金が発生。

STEP2

当社から請求金額の先払い

弊社とお客様の間での契約により、買取金額をお支払い。

STEP3

通常サイクルで売掛先からの入金

売掛先より売掛期日通り、お客様の講座に売掛金が支払われます。

STEP4

売掛先からの入金後に当社へ支払い

売掛金が支払われた後、弊社へ支払いを行っていただきます。

■ 3社間取引の場合

契約、取引は、お客様、弊社、売掛先の3者の間で行われます。

三者間ファクタリング

お客様、取引先企業、クレディートの3社の間で取引を行うため、お客様がファクタリングを行なっていることが、お取り引き先に知られてしまいます。

3社間ファクタリングの流れ

STEP1

売掛金が発生

お客様と売掛先の間で売掛金が発生。

STEP2

ファクタリング契約の通知、承諾

弊社、お客様、売掛先の3社が関係し、売掛金売買契約の通知と承諾を行います。

STEP3

当社からの請求額の先払い

売掛先からの承諾を貰ったのちに、弊社からお客様に買取金額をお支払いします。

STEP4

売掛先から当社へ支払い

売掛先より売掛期日に弊社に売掛金が支払われることになります。

このようなお悩みをお持ちなら

  • 売掛金の支払いが先で経営が難しい
  • 会社を設立して1年未満しか経っていない
  • 業績が悪化し、これまでの金融機関から融資を受けられない
  • 借り入れせずに資金を調達したい
  • 当面の材料費、人件費の費用を調達したい
  • 金融機関の融資は契約までが面倒
  • 個人事業だからなかなか融資を受けられない
  • 現在利用しているファクタリングの手数料が高い