ファクタリングとは?

ファクタリングとは、企業が保有している売掛金を、ファクタリング会社に買い取ってもらうことによって、早期に資金を手にするることのできる新しい資金調達方法で、国も認める正当な資金調達方法なんです。

契約する

分かりやすく説明すると、企業が保有している売掛金、つまり代金後払いとして販売した分の売上金額をファクタリング会社に買い取ってもらうことによって、後日入金されるであろう未来のお金を素早く資金化できるということで、これまで今か今かと待ちわびていた売掛先企業からの入金を待つことなく、早ければ即日に資金調達することできるんです。

とはいえ、多くの経営者様の中には「売掛債権担保融資保証制度」とファクタリングを混同され、ご利用を躊躇われている方も多いのですが、そもそも売掛金担保融資の場合は、売掛金を担保にしてお金を借りる契約となっていますので、会計上、負債となり、契約条件によって長期借入金か短期借入金に計上することになります。

しかし、ファクタリングの場合、保有している売掛債権を譲渡して現金化すること、つまりは売買契約となりますから、仕分けを行う場合「売上債権売却損」という費用を払って、「売掛債権」という資産を現金、または未収金という資産へ交換するという考え方になります。

ファクタリングによって決済期日前に、早ければ即日に売上を現金化することができますので、企業の資金繰りの改善に大いに役に立ちます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは、売掛債権売買契約ですので、借入れにならないということが特徴となっているだけでなく、その他の資金調達方法に比べ、比較的簡単な審査によって、素早く資金調達することができます。

1 売掛金の早期現金化でキャッシュフローの改善

ファクタリングは、スピーディーかつ、効率よく資金調達することができますので、企業内の資金不足による業務停滞や新規ビジネスへの投資、税金の支払いが滞ることがありません。

また、ファクタリングの場合、通常の銀行借入のように担保を請求されることもありません。
すなわち、通常であれば債権の回収期日まで資金化できない売掛金や受取手形を期日前に資金化できるのです。

2 借入ではない資金調達

ファクタリングは、売掛債権の売買となりますので、借入の記録は残りませんから、今後の銀行融資などにも影響を及ぼすこともありません。貸借対照表上の負債にはなりませんので、安心してご利用いただけます。

また、売掛債権さえあれば、ファクタリングを利用することができますので、銀行で融資をお断りされていたり、会社を設立したばかりで資金調達の目途がたたない方でも、ビジネス上の取引がしっかり行われていれば、問題なくファクタリングをご利用いただくことができます。

3 返還請求権なし(ノンリコース)でご利用いただけます

万が一、売掛先が倒産してしまった場合、どうなるのか心配になりますよね?そこは安心してください。

弊社のファクタリングでは、お客様に支払いをする義務はありません。
売掛金の回収が不能になった場合、それらすべてのリスクを弊社が負担致しますので、安心してください。

安定的な企業経営に欠かせないリスクマネジメントと、資金調達を同時に行う事が出来るのが、ファクタリングです。

4 担保・保証人がいらない

借り入れの場合、担保や保証人を用意する必要がありますが、ファクタリングは資金の元となるのは、お客様の保有している売掛金のみ。

ですから、担保や保証人をご用意していただく必要はありません。
また、必要な資金は、売掛金の金額が大きければ大きいほど多くの現金調達が可能となっています。

ファクタリングの流れ

ファクタリングサービスには、 大きく分けると御社とファクタリング会社の2社で取引が完了する2社間取引ファクタリングと、御社・ファクタリング会社に加え、相手取引会社様の3社の間で契約をする3社間取引があります。

2社間取引の場合

2社間ファクタリングの取引の場合、契約はお客様と弊社の間だけのお取り引きとなります。

2社間ファクタリングのメリットは、お客様と弊社だけで完了するファクタリングですから、「相手取引先への通知が不要」となっているので、スピーディに契約が進みますし、一番の懸念点である「債権を売却した」ということを相手取引先に知られたくない場合にお勧めの取引となっています。

二者間ファクタリング

あくまでも2社の間での契約となりますので、相手取引先にファクタリングを行っていることを知られることはありませんし、取引からの信用も失われることなく、安心して早期に資金を調達することができます。

2社間ファクタリングの流れ

STEP1

売掛金が発生

お客様と売掛先企業様との間で売掛金が発生。

STEP2

当社から請求金額の先払い

弊社とお客様の間で売掛債権譲渡の契約により、買取金額をお支払いします。

STEP3

通常サイクルで売掛先からの入金

売掛企業様より売掛期日通り、お客様の口座に売掛金が支払われます。

STEP4

売掛先からの入金後に当社へ支払い

売掛企業様より売掛金が支払われた後、弊社への支払いを行っていただきます。


3社間取引の場合

3社間ファクタリングの場合は、お客様と弊社以外に、相手売掛先会社も交えた3社の間で行われることになります。

三者間ファクタリング

2社間ファクタリングサービスと異なり、お客様、相手取引先企業、弊社の3社の間で取引を行うため、契約スピードに難があるうえ、お客様がファクタリングを行なっているということが相手取引先企業に知られてしまいます。

ビジネス上、信用面においては、できるだけ避けておきたい取引となるうえ、3社間での契約同意が必要になってきますので、2社間ファクタリングよりも時間がかかる場合があります。

3社間ファクタリングの流れ

STEP1

売掛金が発生

お客様と売掛先の間で売掛金が発生。

STEP2

ファクタリング契約の通知、承諾

弊社、お客様、売掛先の3社が関係し、売掛金売買契約の通知と承諾を行います。

STEP3

当社からの請求額の先払い

売掛先からの承諾を貰ったのちに、弊社からお客様に買取金額をお支払いします。

STEP4

売掛先から当社へ支払い

売掛先より売掛期日に、弊社に売掛金が支払われることになります。

このようなお悩みをお持ちなら

会社経営において、資金の調達はいつの時代も経営者の悩みの種となるもの。

黒字経営にも関わらず、日本の商慣習(取引が先、決済は後)ということだけで資金がショートして会社経営が立ち行かなくなってしまう中小企業は多いのです

日本独特の入出金の資金ギャップを解決することができれば、どんな会社でも安定した会社経営を行えるものです。

ファクタリングをつなぎ資金として考えることができれば、会社経営の資金問題で悩まずに事業拡大に注力することができるようになると思います。

資金調達の悩み
  • 売掛金の支払いが先で経営が難しい
  • 会社を設立して1年未満しか経っていない
  • 業績が悪化し、これまでの金融機関から融資を受けられない
  • 借入返済の見通しが立たない
  • 借り入れせずに資金を調達したい
  • 当面の材料費、人件費の費用を調達したい
  • 金融機関の融資は契約までが面倒
  • 個人事業だからなかなか融資を受けられない
  • 現在利用しているファクタリングの手数料が高い

クレディートは、資金調達ファクタリングでお客様の悩みを解決します。

初めて利用する方も、他社でご利用中の方お気軽にご利用ください!

クレディートのファクタリングなら

大小問わず企業経営者にとって、会社を経営していくためには切っても切り離すことのできない運転資金に関する悩み。
これまで日本では一般的であった銀行融資にだけ頼った会社経営はもう終わり。

資金繰りを改善し、スマートな会社経営を行っていくためには、新しい資金調達方法にも目を向けてみてください。

毎月の融資返済で悩む時代は終わったのです。
売り上げが上がれば上がるほど、ファクタリングの効果を実感していただけると思います。

  • 10万円~最高1,000蔓延までの買取が可能!
  • 最短即日でのスピード査定により素早い資金調達が可能!
  • 秘密厳守・・・企業の信用は落としません!
  • 他社からの乗り換えも行っています

売掛債権を最短でお申込み当日に現金化

お客様の様々な事情や条件に合わせて、最適な契約をご提案いたします。

ファクタリングにおいて重要なのは、お客様の事業規模ではなく、「売掛先の信用度」といっても過言ではありません。

信頼できるお取引先様であるからこそ、ファクタリングが活きてくるのです。
経営再建、資金繰りの改善をお考えれであれば、まずはご連絡ください。

申込資格法人、個人事業主
買取金額50万円~1,000万円まで
担保不要
保証人不要
対応地域全国
対象債権売掛金債権(事業者に対する売掛金)
資金使途仕入・運転資金

ファクタリングは売掛債権を現金化することで、当面の資金繰りに役立つ可能性がある資金調達方法です。

売掛債権を売却することで、長い支払期日を待たずに資金を調達できるのですから、リスクも低く、キャッシュフローの改善にぜひ役立ててみてください。。

アフターフォロー

クレディートでは、弊社ファクタリングサービスをご利用していただいた後のアフターフォローも行なっております。