キャッシュフローは大切

キャッシュフローは大切

会社を経営していると、売上も利益も順調に増えているにも関わらず、なぜか毎月の支払いギリギリで苦しい・・・。

そう嘆かれている経営者さんは少なくありません。

もっと売り上げを上げようと、設備投資や人材確保したいけれど、資金がなく、成長基盤の乗せたくても今の事業を継続するだけで手いっぱい。

この流れが進んでしまうと、いわゆる「黒字倒産」ということにもなりかねません。売り上げはあがっているのに倒産するなんて、誰も考えることなんてありませんよね。

しかし、会社を経営していくためには、売り上げばかりに目を向けていては危険です。
しっかりと資金の流れだけは把握しておくべきなのです。

この資金の流れのことをキャッシュフローというのですが、 一般的にみなさんが1番気にしてしまうのが、売上と、それによってどれだけ利益が出ているのかであって、なかなかお金の流れを把握して異なことが多いんですよね。

そもそも売り上げがあがっていたとしても、それを回収しなければ意味がありません。

つまり売り上げを回収してはじめてお金となりますから、 損益計算の数字と実際、手元にあるお金の差は大きく、 もっと「今あるお金」に注目すべきなのです。

そもそも会社というのは資金がなければ、存続すら難しくなります。
ですので、もっと資金に注目しつつ、経営を進めていかなければなりません。