キャッシュフロー計算書の特徴

キャッシュフロー計算書の特徴

キャッシュフロー計算書の特徴といえば、事業で動いたお金と借金で動いたお金をそれぞれ分けて考えることができること。

いやだったら、資金繰り表でも確認できるでしょ?なんて思われた方もいらっしゃるでしょうが、 資金繰り表であれば会社における一定期間の現金収入と現金支出の全てを分類したり集計したりするものですので、会社経営を長期的に俯瞰してみることができないということになりがち。

まずは事業と借金を切り離し、借金をいかに返済していくかを検討することが大切です。

というのも、経費削減に走り、実際の売上を減らしてしまうという企業は少なくありませんし、経営において、売上や利益に関する投資を止めてしまっては衰退していってしまうだけです。

どんな状況であっても、会社を経営していくのであれば、この部分をおろそかにしてはいけません。

黒字が続いているにも関わらず、手元にはお金がない・・・。

これは黒字倒産してしまう会社が陥りがちな状況なのですが、利益とキャッシュが一致することはなまずありません。

貸借対照表を見ることができても、これとキャッシュとの関連付けがうまくできていない・・・。

この2つを紐づけて考えるのはなかなか難しく、ここで難解な状況を読み解くよりも、キャッシュフロー計算書を活用することにより、利益とキャッシュの違いを把握することができます。