借入限度額の考え方

借入限度額の考え方

会社がお金を借り入れる場合、その会社にあった金額にしておかなければ健全な会社経営を行うことができませんので、現在の借入金の残高がどれくらいあるのか、またどれくらいの借入金額なら大丈夫なのかを把握しておきたいものです。

まず運転資金として借り入れる場合であれば、売上の2か月を目途にしておきましょう。

とはいえ、これはあくまでも理想的な形での借入であり、実際のところ、売上の代金を回収するまでには時間がかかることもあり、3か月~4か月分くらいの借入となってしまう企業も多くなっています。

またその他の考え方として、金利面で借入金の限度額を決定する方法もあり、年間売上の1%くらいまでを年間金利と考えましょう。

例えば年間の売り上げが1億円の場合、その1%は100万円ですから、支払利息を100万円以内に抑えるように経営していけば、債務が過大になることを防ぐことができるでしょう。