勘定あって銭足らず

勘定あって銭足らず

利益が出ているのに、なぜかお金がない・・・。

経営者であれば一度は経験したことのあることなのではないでしょうか。

特に設立して創業5年以内の会社であれば、利益は出ているになぜかしらお金がなく、仕方なく納税のための資金を借りざるを得ないなんてことも多いのではないでしょうか?

しかし、利益は出ているのにお金がないなんて不思議ですよね。
なにせ黒字倒産ということも増えてきている世の中ですから・・・。

この現象にはしっかりと理由があって、「利益と現金」には違いがあるんです。

まず利益が出ていると思うのは、実務的に感じる部分もあるのでしょうけど、その多くは決算書上における「利益」をみているかと思います。

収益から費用を差し引いたものが「利益」なわけですが、この利益と「現金」って結びつかないものなんですよね。

「現金」というのは、収入から脂質を差し引いたものとなるわけですけど、「収入」というものが、売上の入金以外にも、資金が会社に入ってきたということを意味しますから、借り入れによって得た資金も借入金として「現金」に含まれるんですよね。

支出についても、通常の経費以外にも固定資産の購入支出や借入金の返済なども該当するので、「利益」と「現金」が一致することなんてないのです。

この2つを比べると、それぞれの認識時期に違いがあって、「利益」の場合はモノを売って引き渡し請求書を発行した時点で収益として計上することになるのですが、「現金」の場合、収入として計上するためには、実際に請求書の金額が入金された時点、多くの場合は、末締めの翌末払いのように「利益」より遅れて収入として計上されるものなのです。

つまりタイムラグがあるがために、売上や利益が増えているとしても、実際手元にはお金がなく、仕方なく借入を行わなければならない状況になるのです。