売掛金の管理方法

売掛金の管理方法

売掛金というのは、モノやサービスを売ったにも関わらず、いまだ代金として支払いを受けていない金額のことですが、このお金を回収しなければ会社経営は苦しくなりますし、売掛金がたまる一方では経営は破綻してしまいます。

本来、理想的な経営というのは売掛金のない状態、つまりは現金での商売が1番安心かつ安定した経営をすることができるのですが、小売・サービス業であればともかく、会社間の取引においては、どうしても現金払いで済ませることはできなく、売掛・買掛での取引となってしまいます。

ですので、会社経営者は売掛金をきちんと回収するためには、しっかりと気を配り、社内での体制を作り上げておくことが大切です。

最低でも、売掛金回収の責任の所在と、経理部との連携、未入金であった場合の作業フローなどを明確化しておくだけでも、経営を助けてくれることになります。

売掛金というのは、ため込んでしまうとドンドンと経営を圧迫していくものですし、回収するための労力と時間さえも奪われてしまいます。

早め早めの対応が、会社を健全に経営していくための最善策となります。