持ち株会社の仕組み

持ち株会社の仕組み

各事業部を子会社化し、本社はその統治だけを行う形態である持ち株会社。

1997年の改正独占禁止法の施行によって持ち株会社の設立が解禁され、現在では持ち株会社の下でグループ経営に移行している大企業が増えてきています。

そもそもこの持ち株会社というのは、それぞれの事業部や子会社を独立したグループ会社として再構築し、経営企画などの本社機能だけを持ち株会社で行うもので、主な役割はグループ各社の戦略立案や調整などで、日本ではこれまで終戦直後の財閥解体の一環として持ち株会社が禁止されていました。

持ち株会社の利点は、グループ全体の統治によって、不振事業の整理・統合や重要な事業の強化など効果的に行うことができることで、多くの業界で大手企業が持ち株会社に移行してきており、「~ホールディングス」などの企業名を見かけるようになっています。

有名なところでは、 三菱UFJフィナンシャルグループや野村ホールディングス、日清食品ホールディングス、 セブン&アイホールディングス といったところでしょうか。