証券化するということ

証券化するということ

ある保有資産を資金化するために資産のキャッシュフローを裏付けとし、有価証券を発行することを証券化といって直接金融の手法のひとつとなっています。

例えば、ある不動産を保有しており、これを売却したいのですが、この不動産の資産価値がとても高く、この不動産を購入するだけの買い手を見つけることが大変だったとします。

このような場合、売却したくても売る相手がいないので、いつまでたっても資金を調達することができません。

このようなときにはこの不動産を証券化し、不動産の所有権を小口化します。

こうすることによって不動産に投資したい人は小口化されたことによって、小口からの投資を行えるようになり、先ほどの不動産を売却しやすくなります。

つまり証券化というのは、資産の売却先を探すのを容易にする手法で、資金調達を円滑にしてくれるというメリットがあります。

また、投資家側からみても、巨額な資金がなければ投資することができなかった資産に対して、証券化されることにより少額殻での投資が可能となります。

また、証券化することによって、元の資産の所有権の分割が可能となり、元の資産の保有リスクを多くの投資家で分散することも可能となります。