運転資金と設備資金

運転資金と設備資金

会社の資金は大きく分けて、運転資金と設備資金の2つがあります。

### 運転資金というのは、日常の営業活動に使う資金のことで、会社の基本的な事業活動は「仕入れてから売る」ということで、さらに売上・仕入・人件費の支払い・家賃の支払いの支払いなどのさまざまな経費が発生します。

この運転資金は、性格上期間が短い資金ともいえ、資金の分類をする際に回収期間での分類でも短期資金として分類されるものと、ほぼイコールになります。

設備投資の場合は、会社が設備投資する際に発生する資金のことで、主に使われるのが、建物・設備などの固定資産を取得するために使われます。

そのため、多額の資金が必要となり、返済期間も長期間となるため長期資金とほぼ同じとなります。

借り入れの場合、短い期間での返済期間であれば、短期資金として日常の営業活動に使うべきで、設備投資に使うべきではありません。
その理由というのは、日常の営業活動に使うのであれば、短期間で資金を回収することができ、その回収した資金によってさらに短期資金を借り入れることができるからです。

長期資金は、使用できる期間で少しずつ資金を回収していくというフローになりますから、同じ資金とはいえ、運転資金、設備資金の2つははっきりとわけておきましょう。