金融機関との関係

金融機関との関係

一般的に起業したばかりの会社に融資を行ってくれる金融機関はほとんどありません。

そもそも日本には、都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関があり、ここ最近ではインターネット銀行なども存在しており、どの金融機関とお付き合いしていけばいいのか、経営者であれば誰でもが悩む問題です。

ただ口座にお金を入れておく程度であれば、なんら悩む必要もないのですが、将来的に融資を受けようと考えているのであれば、起業した段階でそれを見越した選択を行うことが大切なのですが、いきなり大風呂敷を敷いてしまっては元も子もありませんので、一般的には事業拡大とともに「信用組合」→「信用金庫」→「地方銀行」→「都市銀行」という順番で選択していくことが多くなっています。

もちろんいきなり都市銀行をメインとして考えてもいいのですが、残念なから起業したばかりの小さな会社に充実したサービスを行ってくれるような金融機関は稀といってもよく、まずは段階を踏むことを考えたほうがいいでしょう。

また、口座を開設したからといって良好な関係が築けるというわけではなく、いかに銀行といえども人と人との付き合いとなります。

担当者との良好な人間関係を築くというのも、ビジネスを成功させる秘訣とも言えます。