7つの帳簿

7つの帳簿

会社経営において一番重要なのは、現在の会社の状況、つまりいくら儲かっているのか、資産や負債はどれくらいあるのかを常に把握しておくことです。

どんなに売上が上がっていたとしても、仕入れや経費にお金がかかっていては経営を圧迫してしまいますし、帳簿上は儲かっているとしても、資金面において余裕がなく、税金を支払うことができないなんてことは珍しくありません。

また、お金を借りるにしても銀行などに財政状況などを開示しなければなりませんし、経理会計、つまり7つの帳簿をしっかりしておく必要があります。

現金出納帳
文字通り、現金の流れをまとめるもので現金における入金や残金を記入するもの

普通預金出納帳
普通預金による取引の流れを記入するもので大抵の場合は、銀行の普通預金通帳で代替することができます。一般的には銀行での通帳記入で済むこともあります。

売掛帳
掛けによる売上と入金した金額を記入するもので、掛売によって生じた売掛金を正確に管理することができ、過大請求や入金漏れを防ぐことができます。

買掛帳
買掛による仕入金額と支払った金額を記入するもので、こちらも買掛による過大請求や支払漏れを防ぐことができます。

賃金台帳
従業員の給料を計算する帳簿で、人件費を管理することができます。

固定資産台帳
資産ごとに減価償却の計算をする帳簿で、消耗品として処理できないものや、耐用年数1年以上の資産を購入した場合に記載します。

総勘定元帳
発生したすべての取引を勘定科目ごとに集計したもので、主要簿とも呼ばれていて、これまでに紹介した帳簿をまとめた目次的なものといってもいいでしょう。