サイバーエージェント、独自の仮想通貨発行へ

サイバーエージェント、独自の仮想通貨発行へ

サイバーエージェントビットコインが、2019年中に独自の仮想通貨の発行を目指す方針のようですね。
これまでは、2018年春に仮想通貨取引所の設置を目指していたのですが、この取引所事業への参入は断念するようです。

サイバーエージェントビットコイン

もともと、このサイバーエージェントビットコインは、サイバーエージェントの完全子会社として2017年10月に設立されていて、資金決済法で義務付けられている仮想通貨交換業者としての金融庁への登録を目指し、手続きを進めていたのですが、ここ最近の流出事件の影響により、金融庁が既存の交換業者への監督を強化、そのあおりを受けて、新規の登録を目指す業者の審査については、先送りとなっていました。

そして今回、独自の仮想通貨へと踏み切ったわけですが、もともとネットには強い企業ですし、こちらのほうが理にかなっているかも知れませんね。