テレワークができない中小企業

テレワークができない中小企業

4月7日から5月末まで緊急事態宣言が続いたわけですが、この期間、会社でテレワークできたかどうかの質問に対して、従業員1000人以上の企業で働く人の72%は「週1回以上できた」と答えたのに対し、1000人未満の中小企業では55%の人が「ほとんど~全くできなかった」と回答しているのだそうですね。

テレワーク実態

そして、実際にテレワークができなかったという人に、その原因となる業務を尋ねたところ「経費精算・請求書・契約処理等のペーパーワーク」が33%とトップとなり、次いで「押印による承認業務」の22%となったようで、インターネットが普及している時代とはいえ、いまだに前時代的な業務フローの残っている部署が多いようですね。

本来、ペーパーレス化にすれば、様々なコストや時間の節約になることは多いのですが、どうも新しいことに挑戦したがらない人は多いですし、改革を推し進めていこうという会社は少ないですよね。

もっとも、ハンコに関して言えば、会社レベルでどうにかできるものではないので、いい加減、政府も本格的にペーパーレス化を推進していくべきですよね。