ファクタリング会社選びの注意点

ファクタリング会社選びの注意点

ファクタリングは、売掛金のある会社さんであれば、とてもメリットの多い資金調達方法となります。

そもそもファクタリング自体、売掛債権を買い取ってもらうことによって、早期に売掛金を現金化できるというサービスですから、経営者からすると支払いサイトを気にすることなく、会社経営のキャッシュフローを改善することができます。

また、売掛債権をファクタリング会社に完全に買い取ってもらうわけですから、サービスを利用したあとに売り掛け先が支払い不能となった場合でも、企業に返還請求が行われることもないんです。

さて、このように会社のキャッシュフロー改善に最も適しているファクタリングですが、最近では、ファクタリングサービスを取り扱っている会社の数も増えてきており、会社の選び方にも注意しておかなければなりません。

中には悪徳ファクタリング業者も存在する

注意点

最近では、仮想通貨の問題のほうが多くて話題になりませんが、2017年には、悪徳ファクタリング業者が貸金業法違反で逮捕されるというようなことがありました。

これらの事件によって「ファクタリング」に対する悪いイメージがついてしまったのですが、実はこのような事件の多くは、ファクタリングを装い、ヤミ金を営んだということで逮捕されているのであり、ファクタリング自体が悪いということではないのです。

日本ファクタリング業協会も「ファクタリングは企業の資金繰りに不可欠な存在になっている。一部の悪質な業者によって、円滑な経済活動が阻害されかねない」と懸念を表明していますし、健全にファクタリングサービスを提供している側からすると、本当に迷惑な話です。

そもそも日本においては「ファクタリング」自体、経済産業省が正当な資金調達手段であると認めているわりに、一般にはまだまだあまり知られていないサービスですし、認知度や理解度は低いと言えます。

ですので、ファクタリング会社を選ぶときには十分に注意してください。

悪質業者の特徴

  • 手数料が高く、基準が曖昧
  • 契約書類について説明がない
  • HPがない
  • 売掛債権譲渡契約に償還請求権が付いている
  • 保証を要求してくる

闇金業者のファクタリング業者成りすましにはくれぐれも注意してください。