メルカリ、マザーズ上場

メルカリ、マザーズ上場

フリーマーケットアプリ最大手のメルカリが19日、東京証券取引所の新興市場マザーズに上場すしますね。

このニュースは国内だけに留まらず、国外の投資家からも注目を集めているのだそうで、公開価格は仮条件の上限となる1株3000円で、時価総額は今年上場する企業で最大級の約4000億円の見通しとなるようです。

メルカリ

今回の上場で調達する最大630億円の資金は、主にアメリカ事業を中心とした世界展開に投資されるようで、国内においては日本発世界で成功するアプリとなるか注目が集まっているようですよ。

とはいえ、メルカリの直近の業績は海外事業の赤字が響き、2017年6月期連結決算は最終損益が42億円の赤字でした。

しかし、今回の上場により創業者で筆頭株主である山田進太郎氏の保有株式評価額は約1170億円と、保有資産10億ドル以上のビリオネアの仲間入りを果たすようですよ。