三井、コンビニATM手数料値上げ

三井、コンビニATM手数料値上げ

三井住友銀行が、国内での現金利用機会の減少を踏まえ、手数料や各種優待サービスの提供方法の一部を見直すようで、コンビニATM手数料を1回あたり現状より110円値上げるようです。

なお利用が集中する毎月25・26日の8時45分~18時の限り、条件なしに無料とし、実質的な負担増を回避するようですね。

ATM料金改定

このほか、取引状況に応じたATM手数料優待サービス(SMBCポイントパック)の改定、円貨両替手数料の改定、非居住者円建送金・国内外貨建送金における振込手数料の改定を行うようで、2020年6月に、三井住友カードが付与するポイントとの合算・相互利用が可能になったSMBCポイントサービスの改定はありません。

それぞれの改定日は、コンビニATM手数料は21年4月5日、SMBCポイントパックの改定後の優待内容の適用は21年9月1日からとなっており、いよいよ銀行も大きく生まれ変わっていきそうですね。