世界最大の銀行トップ10

世界最大の銀行トップ10

雑誌「ザ・バンカー(The Banker)」が発表した「世界最大の銀行ランキング トップ1000によれば、中国の銀行が2019年のランキング上位を独占したのだそうで、中国の銀行以外でトップ10にランクインしたのは、アメリカの銀行が4行、イギリスと日本の銀行がそれぞれ1行ずつだったのだそうです。

ちなみにその日本の銀行は、三菱UFJ銀行で10位となっています。

しかし、中国経済が減速しているとはいえ、やはり強いですね。
なにせ1位から4位までを中国の銀行が独占しているわけですし、5位から8位がアメリカの銀行となっているとはいえ、近いうちに世界のトップに立つであろうことは間違いなさそうですね。

ちなみに1位となったのは、中国工商銀行で、純利益436億ドルに達しているのだそうで、これで7年連続で首位を守っているのだとか。

今や中国はキャッシュレス決済においては最先端を走っていますし、政府が主導して推し進められているわけですから、その浸透はスピーディですよね。

ITにおいても5Gは世界でも一歩リードしていますし、まさにヒト、モノ、カネを体現していますよね。