中小企業の資金繰り支援

中小企業の資金繰り支援

今年のGWは10連休となり、上手に大型連休を活用できない日本人にとっては、どうしていいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

なかには、10連休も休んだら次の仕事が大変だから心配だなんて、仕事のことばかり考えてしまう人もいるようですね。

さて、そんな中、 政府はこのGW、つまり皇位継承に伴う4~5月の10連休で国民生活の混乱を避けるための対処方針を更新しました。

なかでも連休中の中小企業の資金繰りを支えるため、日本政策金融公庫によるつなぎ融資の特別枠の創設は、とてもありがたく思う企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

この資金繰り支援は、連休に伴い売上高が減ったり、入出金の時期が前後したりして資金がショートする恐れのある中小企業が対象となっており、中小企業の相談に応じる専用窓口も設けられ、さらには連休中の営業予定が顧客に伝わる取り組みを金融機関に求めています。

中小企業の業界団体では、準備不足のまま連休前に給与払いが前倒しになることや、売掛金の回収が連休後に先延ばしになることを不安視していますし、通常とは異なる、イレギュラーに弱いのが日本人ですから、GW後、どのようになっているのか、ちょっと心配ですね。