初値1463円売り出し価格下回る

初値1463円売り出し価格下回る

ついにソフトバンクが、東京証券取引所1部に株式を上場しましたね。

今回の上場は、資金の調達額は過去最高となるということで、久しぶりの大型案件として期待されていたのですが、ここ最近の通信業界の流れからか、初値は、売り出し価格を下回り、1,463円で初値をつけ、その後も値を下げ、一時は150円以上下げる場面もみられたのだそうですよ。

まぁ、これは時期が悪かったですよね。

というのも、12月6日には大規模な通信障害があったばかりですし、さらには5Gにおいてファーウェイ排除の動きもありますから、上向きの情報が一切ありませんからね。

また、日本において通信料金の値下げ問題もからんできますしね。

どうやら終値は1282円と15%も下回ってしまったようですね。

ソフトバンクの株