外でもスマホ充電が可能に

外でもスマホ充電が可能に

スマートフォン向けの充電器シェアリングサービスを展開するINFORICHが、ゴールドマン・サックスなどから30億円もの資金を調達し、現在、国内約1万カ所に設置しているのを2021年末までに10万カ所まで増やすことを目指すのだそうです。

インフォリッチの充電器シェアリングは、5台程度の携帯型充電器を搭載したスタンドをコンビニなどに設置、利用者はスタンドのQRコードからスマホで手続きを行い、利用後は近くのスタンドに返却するというもので、利用料金は1時間150円、48時間までで300円などに設定されています。

「どこでもレンタル出来て、どこでも返却できる」というスマホ充電器のシェアリングサービスにおいて、国内シェアは97%となっているのだそうで、既に海外でも4カ国に進出しているようです。

ChargeSPOTのサービス

レンタル方法はアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけで、2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中。

どうやらイオングループやファミリーマート、ローソンなどの店舗で設置が決まっているのだそうですから、これはかなり心強いものとなりそうですね。

現在のスマートフォンは大型化したとはいえ、様々なアプリやその使い方によって電池切れを起こしやすくなってきていますし、外出先で充電ができるサービスがあるのは、本当にありがたいですよね。

なにせ、現在では、スマホにすべての情報が詰まっているわけで、これが使えなくなってしまうと、結構焦りますからね。