所定外給与24.6%減 

所定外給与24.6%減 

厚生労働省の発表によれば、6月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)では、残業代などを示す所定外給与が1万4752円となり、前年同月比で24.6%減ったのだそうで、比較可能な2013年1月以降でみると、5月に次いで2番目の大きさの下げ幅となったようです。

6月の下げ幅は5月(25.8%減、速報値)とほぼ同じで、1年前の水準を大きく下回る傾向が続き、新型コロナウイルスの感染拡大のあおりで残業時間にあたる所定外労働時間は6月に23.9%減ったようで、さらに働く時間の短縮で賃金が減ったようです。

また所定内の給与も含めた現金給与総額は44万3875円となり1.7%減で、所定内の給与は前年と同水準だったのですが、所定外給与が大幅に落ち込んだ影響が大きいとのことです。

6月は多くの企業がボーナスを支払うことになるのですが、賞与など「特別に支払われた給与」は18万1780円と2.4%減ったようで、収入が目減りしていることにより個人消費への悪影響が今後、さらに鮮明になる可能性がありそうですね。

とはいえ、所定外給与というのは本来なくなるべきであり、そろそろ残業ありきの日本の労働体系を見直すべきですよね。

全部が全部とはいいませんが、時間内で終わる仕事内容であっても、わざわざ残業となるような働き方をしている人もいるようですし、そろそろ成果に対する報酬という考え方を浸透させていかなければ、日本は世界と戦えませんよね。