正念場のスルガ銀行

正念場のスルガ銀行

金融庁がスルガ銀行に対して、内部管理体制に重大な問題が確認されたとし、銀行法に基づき新規の投資用不動産向け融資を6カ月間停止するよう命じる、厳しい処分を発表しましたね。

行政処分には不正が横行していた投資用不動産向け融資を止め、経営体質の抜本的な見直しに専念させる狙いがあるようですが、信頼回復には厳しい道のりとなりそうです。

今回のことで個人による不動産投資ブームに陰りが出てきていますし、速やかに全容を解明しなければなりませんし、スルガ銀行は根底から経営を立て直さねばならないうえ、創業家と決別、法令順守と顧客保護を徹底することが銀行業を続けるうえでの最低条件となっていますからね。

そんな矢先、ゆうちょ銀行がスルガ銀行の提携を見直し、当面スルガ銀のローン商品販売を手控えると発表しており、今後どのような展開を見せるのか、ちょっと恐ろしいですね。