経済打撃は深刻に

経済打撃は深刻に

新型コロナウイルスの感染拡大はいよいよ深刻化してきて、わたしたちの暮らしや景気に影響を及ぼし始めました。

つい先日、政府が日本国内でのイベント自粛を要請し多と思ったら、27日には全国の小中学校、高校、特別支援学校を3月2日から春休みまで臨時休校とするよう要請することを決めたようで、事態はこれまでののんびりな対応から急転直下な方針へと切り替わりましたね。

この影響は、金融にも顕著に表れ、4営業日続けて日経平均株価がさがり、 日本経済に対して、海外投資家は非常にリスクを感じているような感じですね。

大手企業などでは、在宅勤務の導入や強化が行われはじめているのですが、やはりこのような影響をモロに受けてしまうのは、 日本の中小企業で、なかには消費税増税後苦しんできた中小企業の中には、追い打ちをかけるかのような新型コロナウイルスの影響により先行きが不透明となり自己破産するような企業も出てきているようですね。

そもそも日本企業の99.7%は中小企業なわけですから、このダメージはとてつもなく、街中でも人は減っているのが顕著となっていますし、知り合いの飲食店なども例年以上に客足が遠のき、苦しい状況となっているようです。

また外国人に人気のある観光地などでは、普段に比べ客足が約半分に減っているともいいますし、一体これがいつまで続くのは不安を抱える毎日となっているのではないでしょうか?

しかし、ここにきての政府の人任せ感は凄いですね。

そもそもイベントの延期要請にしても、Jリーグが公式戦延期 を発表してからのものでしたし、あいかわらずの動きの遅さには辟易してしまいますね。

そもそもここまでの状況になるまえに、中国からの入国を禁止しておけばよかったのに、なぜそこを早急な対応をできなかったのでしょうね。

水際で止めることのできなかった影響がここにきて、様々なところで影響を及ぼし始め、経済を守るための後手後手対応が、さらに経済を苦しめる結果となってしまいましたね。

しかし、この状況下においても会見を開かないんですね。