総額15億円の資金調達

総額15億円の資金調達

ECプラットフォームや決済サービスを提供するBASEが、総額15億円の資金調達実施を発表しましたね。

BASEと言えば、Eコマースプラットフォーム「BASE」、オンライン決済サービス「PAY.JP」、ID型決済サービス「PAY ID」の企画・開発・運営を行っている会社で、一般的には「初期費用・月額費用0円で、ネットショップの作成・運営ができる」というネットショップサービス「BASE」が認知度が高そうですね。

今回の調達は、既存株主のグローバル・ブレインがリードしているのだそうで、グローバル・ブレインが運用するファンドとマネーフォワードを引受先とした第三者割当増資で、総額15億円の追加資金調達となるのだそうです。

この調達資金の用途については「人員拡充とプロダクト強化、プロモーションなどに充てる」のだそうで、ますます個人によるECがますます加速していきそうですね。