規制緩和、100万円超送金?

規制緩和、100万円超送金?

どうやら金融庁が、100万円を超える高額の送金サービスを銀行以外にも認める方向で規制を緩和する方針を固めているようで、まずは金融とITを融合したフィンテックの関連企業の参入を促し、手数料引き下げや国際送金の迅速化などを図るのだそうですよ。

これについては、金融審議会が議論していて、今年夏にも方針をまとめるようで、さらに金融庁は来年の通常国会への関連法改正案提出を目指すのだとか。

そもそも銀行の送金サービスには上限がないのですが、それ以外の銀行免許がない送金業者の場合、手数料は銀行より安いものの、資金決済法によって1回当たり100万円までに制限おり、サービスを多様化したいフィンテック企業が規制緩和を求めていました。

そこで今回、金融庁が「銀行」と「100万円までの送金業者」の間に新たな業務区分を設け、この区分に入ると認めた企業に対して送金上限を撤廃するようです。

まぁ、だれもかれもができるわけではないのですね。

とはいえ、やはり今の時代、銀行だけと優遇するわけにもいきませんし、ここのところの不祥事を考えると、独占業務をなるべく減らし、競争意識を持たせたほうがいいのかも知れませんね。