資金って一体何?

資金って一体何?

会社の経営にとって資金はとても大切です。

経営者の間では「資金が足りない」だとか「資金が潤沢にあるからいまのうちに新規事業を立ち上げよう」「資金繰りが苦しくなってきた」などと、日常会話でもよく使われる「資金」。

しかし、実際のところ、その「資金」の意味合いを正確に知っている人って少なかったりするんです。

 

というのも、資金というのは、会社経営において事業活動を継続していくために使用される金銭のことで、この資金がなくなってしまえば、会社は事業を継続していくことができません。

「資金ショート」ってあまり聞きたい言葉ではありませんが、資金ショートしている会社はほぼ倒産状態といってもよく、この時点で事業が停止してしまいます。

つまり、売上がどんなに上がっていようと、会社経営を存続していくためには「資金」が必要で、大切なものなのです。

資金を確保するための方法

事業を存続させるために必要な資金、この資金を確保するためには、投資してもらうか、お金を借りるのかの2つの方法しかありません。

投資の場合は、文字通り、会社の株式を購入してもらうことになるのですが、大手ならいざしらず、中小企業の株式には不安材料が多いので、なかなか他人から投資してもらうなんてことは難しくなります。

ですので、この場合、自分自身が会社に投資することになるのですが、これがいわゆる自己投資のことです。

自己投資で賄うことができれば、それが1番なのでしょうけど、現実問題、自己資金には限界があります。

そこで、中小企業では資金確保するためには2つ目の方法である「借りる」という方法を取ることが多くなります。

一般的には金融機関から借りるということになるのですが、場合によっては、親族や友人・知人から借りるという手段もあります。

投資とは異なり、借りる場合には返済義務が生じるうえ、借りた金額だけではなく、それにプラスして金利も支払わなければなりません。

ですので借りた金額を支払うためには、その資金を利用し、利益を生まなければならなくなります。

売上や損益に注目するのも大切ですが、それよりも事業経営の根幹をなす資金にこともしっかりと考えて、会社経営を行いたいものです。