通帳発行で1100円の手数料

通帳発行で1100円の手数料

メガバンクのひとつであるみずほ銀行が、来年1月から70歳未満の人が銀行の口座をつくる場合、通帳の発行に1100円の手数料を取ることにするようですね。

既に口座を持っている人に対しては、希望すればこれまでどおり、無料で紙の通帳を出すとのことですが、なんだったら、こちらも手数料を取るようにしたらいいんですけどね。

みずほ銀行としては、手数料の導入に合わせてインターネット上で残高や過去10年分の取り引きの履歴を確認できるようにして紙の通帳からデジタル通帳への移行を促したいようで、これは今の時代にマッチしたことですし、紙の無駄をなくそうという動きはとても好感が持てます。

そもそもこの背景には、低金利の長期化で銀行の収益環境が悪化していることがあり、コスト削減の狙いがあるようで、これを機に一気にデジタル化を様々な方面で進めていってほしいですね。