2カ月連続の資金流出超

2カ月連続の資金流出超

3月の国内公募追加型株式投資信託(ETFを除く)の資金動向は、設定額から解約額を差し引いて約690億円の資金流出超だったのだそうですね。

前月の2710億円(確報値)から縮小したようですが、これで2カ月連続の資金流出となり、今回のように流出超過が続くのは、2016年11月から17年1月までの3カ月連続以来、およそ2年ぶりとなったのだそうです。

個別ファンドでみると、人工知能(AI)やロボット関連銘柄から資金流出が続いたようで、その中でも首位は、前月に引き続き、三井住友DSアセットマネジメントの「グローバルAIファンド」で246億円だったのだとか。

その一方、資金流入超過額の首位は「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」の247憶円 。