5G整備に2兆円投資

5G整備に2兆円投資

どうやらソフトバンクとKDDIが、次世代通信規格である「5G」のインフラ整備投資を大幅に増やし、今後10年でそれぞれ2兆円を投じるのだそうですよ、

なんでも通信業界は、約10年ごとに規格の世代が変わるのだそうで、設備の大規模更新が必要になるようで、ソフトバンクは2030年度までに新たに2兆円をかけて基地局35万基を整備する計画をまとめ、まず、現行で1万局に満たない基地局数を21年度までに5万局に増やし、都市部の人が集まるエリアを中心にパソコンや携帯端末などでの5G利用を可能にするようです。

また、KDDIも今後10年間で2兆円を5Gや、さらに次の世代となる「6G」のインフラ整備に投じるようで、今後数年間は5G関連が中心となり、21年度末までに5Gの基地局を5万局に増やすのだとか。

5Gといえば、大量のデータを多くの機器に、素早く伝えることができるのが特長となっており、工場などであらゆるものがネットにつながる「IoT」や、オンライン医療、自動運転など、新たなサービスの広がりに貢献するでしょうし、人々の生活もさらに変化していくでしょうね。

そのスピードたるや、2時間の映画を3秒程度でダウンロードできると言われており、劇的に生活が変化するのは間違いないのでしょうけど、これなんとなくDVDとブルーレイのようなことになったりしないんですかね?

まぁ、5Gのスピードを体感していないのでなんともいえませんけど、実際のところ4Gでも、満足のいくスピードが出ていますし、2時間の動画を3秒でダウンロードできたところで、生活には大きな変化はなさそう・・・。

現状であっても、ストーリミングでカクカクするようなこともありませんし、なんだったら、しっかりと安定して繋がるというほうがメリットが大きそうですよね。