7歳で設立した銀行

7歳で設立した銀行

ペルーに住んでいる13歳少年であるJose Adolfo Quisocala Condori君が、2012年に設立した子供向け銀行Bartselana Student Bankが、預金者2,000人を超え、さらには提携を求める一流銀行からのアプローチを受けるほどに成長しているのだそうです。

海外においては若い起業家は珍しくもないのですが、Jose君が銀行を設立した年齢が7歳となると、これはもう驚くしかないですよね。

そもそも。この銀行設立のアイデアを思いついたのは5、6歳の頃だったのだそうで、同年代の友達がお菓子やおもちゃに小遣いを浪費しているのを見て、大人と同じように銀行に貯金すればいいのにと思ったそうです。

この辺が起業家と浪費家の違いなのでしょうかね?

しかも、次に考えたのが、子供が自分たちの力で貯金を増やしていく方法で、集めたリサイクルごみを回収業者に売って、そのお金を口座に積み立てていくというシステムを考えたのだそうです。

そしてこの話を、学校の先生たちに話した時、最初誰も真面目に聞いてくれなかったようで、さらにはクラスメートたちから馬鹿され、からかいのネタになったのだそうです。

しかし、そんな中でも、校長先生と、ラスのアシスタントの先生だけは理解を示してくれ、彼をサポートしてくれたのだそうです。

自分の力だけではどうしようもないことは多いのですが、周りにいる人に恵まれることもひとつの才能なのかもしれませんね。

ちなみに、この銀行のシステムは子供だけが預金者になれるようになっているのだそうで、さらに預金者は現金でなく、紙やプラスチックなどのリサイクルごみを銀行に持ち込み、銀行がそのごみを提携している地元リサイクル業者に売って、その代金を預金者の口座に振り込むのだそうです。

そして、預金者は、自分で設定した目標金額に達するまで口座からお金を引き出せないのだそうで、これいろいろな部分で社会貢献が高いですし、誰も損しないというところが凄いですよね。

ちなみに、2012年から2013年の1年間で1トンのリサイクルごみが「預金」されたのだそうで、これを聞きつけたペルーの大手銀行が全国展開の話を持ちかけて来たのだそうですが、なんと理由があってJose君は、これを断ったのだそうです!!!

いやいや、もはや子供だと侮ってはいけませんね。

しかも銀行の重役たちとビジネスの話をするときに、怖いと思うこともないようで、逆に大人のほうが、提案するプロジェクトをよく分かってくれるから、話すときにはリラックスできるようですよ。