ANA、20年ぶりに減給。

ANA、20年ぶりに減給。

全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスの2021年3月期連結決算の最終利益が過去最悪となる5100億円の赤字となるようです。

前期は376億円の黒字からの赤字となり、新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅客需要が激減、業績が大幅に悪化すると見込まれており、今後は人件費の圧縮や保有する機体数の削減、不採算路線の見直しといった構造改革で経営立て直しを図るようですよ。

人件費については、ANAの一般社員の月給を20年ぶりに減らすうえ、冬のボーナス支給も見送るのだそうで、さらには家電量販店大手のノジマや高級スーパーの成城石井などグループ外の企業に来春までに400人以上を出向させるようです。

花形であった航空会社でさえ、厳しい状況下におかれているなか、いい加減公務員の待遇も検討してほしいところですね。

またANAでは、所有する飛行機の早期退役などで、20年度末の機体数を、大型機を中心に当初予定から33機減らすようで、これらによって、20年度に1500億円、21年度に2500億円のコスト削減を目指すようで、さらには傘下のエアージャパンを母体に、新たな格安航空会社(LCC)のブランドを立ち上げる方針も発表し、アジアやオーストラリアなどへの観光需要を見込み、22年度をめどに運航を始めるのだとか。

コロナを乗り切るには、止血策だけではなく、ビジネスモデルを変える必要があると考え、徹底的に議論を重ねられていたようで、航空業界だけに限らず、多くの業界でコロナ後のビジネスモデルを考えていかなければ、生き残っていけないでしょうね。