FOLIOが約70億円の資金調達

FOLIOが約70億円の資金調達

株式会社FOLIOが、LINE株式会社、ゴールドマン・サックス、電通ベンチャーズ、三井物産株式会社、SMBCベンチャーキャピタル、DCM Ventures、Draper Nexus Venturesを引受先とした第三者割当増資により、シリーズA2ラウンドで総額約70億円の資金調達を実施したのだそうです。

これによりシードラウンド以来、創業2年での累計調達額は約91億円となったのだとか

FOLIO

FOLIOの次世代型投資サービスとなる「FOLIO」は、テーマを選んで10万円前後から分散投資を始められるサービスとなっていて、投資家は「ドローン」や「ガールズトレンド」といったテーマを選ぶだけで、複数の企業にかんたんに投資ができるようになります。

分散投資をすることにより株価変動リスクを比較的抑えることができ、より安心して資産運用を楽しむことができるということですから、初心者のは入り口としては、安全に投資を行えるようになるかも知れませんね。

国内株を取り扱う独立系証券会社においては約10年ぶりのオンライン証券の誕生であり、テーマに投資できるサービスとうのは、日本初なのだそうで、当サービスへの期待が高まっているのだそうですよ。