いざなぎ景気並ぶ

いざなぎ景気並ぶ

政府が、8月の月例経済報告を発表し、国内景気について「緩やかな回復基調が続いている」との判断を維持しましたね。

茂木敏充経済再生担当相が記者会見で、2012年12月に始まった現在の景気拡大は57カ月に達し、戦後2番目に長い「いざなぎ景気」(1965年11月~1970年7月)に並んだ可能性が高いという見解を表明しましたが、あまり実感はありませんよね。

どう考えても消費増税後、本質的には景気後退しているようにしか感じないのですけどね・・・。

2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げが、決定的なことにならないように祈るしかありませんね。