WHILLが50億円を資金調達

WHILLが50億円を資金調達

電動車椅子などのパーソナルモビリティの開発・販売を手がけるハードウェアスタートアップのWHILLが、SBIインベストメントを含む複数の企業や投資家から総額50億円の資金を調達したのだそうです。

今回の資金調達によってWHILLが調達してきた資金の総額は、約80億円になったのだとか。

このWHILL株式会社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションに、世界中の人々に新しい移動スタイルを提案することを目指し、パーソナルモビリティを日本・北米・欧州で販売しており、WHILLをシェアリングで一時利用することによって、人々の移動をより便利にするというサービス・システムの構築を想定しています。

WHILL Model C

2017年4月に発売した2号機となるWHILL Model Cは、世界的なデザイン賞であるRed Dot Design Award(ドイツ)のBest of the Best(最優秀賞)の受賞をはじめ、2017 年度のグッドデザイン賞、iF Design Award(ドイツ)など国内外のデザイン賞で入賞しています。

しかもデザインだけであんく技術面も高く評価されていて、北米モデルであるWHILL Model CiはCES 2018でBest of Innovation Award を受賞しています。

デザインだけでもかなり未来感ありますし、自動運転や追従走行機能などが現実化されると、ますます面白い世界になりそうですね。

ITやスマートフォンでは世界に遅れを取っている日本企業ですけど、このように最先端な技術では日本の技術の底力を見せて欲しいものですね。