ファクタリングについて

ファクタリングについて

企業が保有している売掛金や受取手形などをファクタリング会社に売却することにより、早期に資金を調達することのできるサービス!

ファクタリングとは「保有している売掛金を売り、最短1日で現金を確保することが可能となる日本ではまだ新しい資金調達方法です。

主に利用されるのは、融資を受けたいけれども銀行融資を断られてしまったときや、売掛金の入金までに時間がかかってしまった場合などで、バランスシートの圧縮/財務指標の改善を図ることができます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは、まず第一に売掛金をスピーディーに現金化することができることで、キャッシュフローの大幅な改善に繋がりますし、継続的に利用することができます。

また、ファクタリングは、融資ではなく売掛金の売買契約となりますので、借入負債にならず、決算など借入負債には計上されません。

また、売掛金を売買するので、融資のように保証人や担保提供など必要ありませんし、個人情報や経営状況・営業年数等も一切関係ありません。

売掛金を利用し資金を調達するという点において「売掛金担保融資」と「ファクタリング」は似たような性質を持っていますので、お客様の中にも、この2つを混同しておられる方々もいらっしゃいます。

そもそも売掛金担保融資というのは、売掛金を担保としてお金を借りる契約のことで、売掛債権は融資をする金融機関の債権譲渡登記が行われます。
ですので、返済が滞ってしまった場合、金融機関は売掛債権を売却し融資の回収を行うことになりますし、お金は借入後に利息を上乗せして完済するということになります。

ファクタリングの場合は、売掛金の譲渡契約となり、資金不足の危機に早急に対応できることができますし、お金は入金予定の債権金額から割り引いて買取してもらうという形になります。

近年、金融機関は中小企業に対して融資実行を渋るケースが増えてきており、特に赤字決算や税金の滞納をしている企業に対してはとても厳しい状況となっています。

ファクタリングは、比較的審査にも通りやすく、担保も不要というメリットがあります。

金融機関からの融資が受けられなかったとしても、まだまだ諦めないでください。